愛と努力

 

上手くいかない婚活や恋愛に嘆いていたら、顔見知りの女性が私を誘い出してくれた。

二人っきりで会うのは初めて。年齢が近くて、会話に使う言葉をしっかり選んで話してくれる魅了的な女性。誘ってもらったのが純粋に純粋に嬉しかった。

 その女性は、婚活や恋愛に疲れている私を励ましてくれようと考えていたらしい。

 

彼女は最近恋人ができたばかりで、その恋人を振り向かせるために、自制し、感情的になり過ぎず、「男性をゲットする」ということに集中した結果、見た目ぴかぴかに好みの男性とお付き合いをすることになったということを初めて教えてもらった。彼女の恋人の有無や結婚願望も知らなくて、この夜全部初めて聞いた。

彼女から聞けば聞くほど、結婚がしたい!という大きな気持ちで初めてした形の努力は素晴らしくて、本当に恋愛の成果が出たばかりの彼女は嬉しそうで可愛かった。

そのまま、彼女は最近自分が慎重に身に付けた努力を私にもしっかりと伝授しよう、と

今の私に必要と思われるテクニックについてたくさんたくさん話をしてくれた。今日はそのつもりで誘ってきてくれた様子だった。

 

でも、なんだかこの辺りで私は辛くなってきてしまった。

何かが、お互い噛み合ってなかった。

彼女は自分に自信を持つことで恋愛に対するモチベーションをコントロールし、恋に溺れることなく相手の気持ちをこちらへ持ってくることができた。そして、見た目から恋して相手も内情が非常に優しい男性であった。話を聞けば聞くほど、これはすごく良い恋愛だな、と関心した。素直に「よかったね」とやさしい気持ちになれた。

 

彼女は私に、私の理想を聞いてくれた。

私はなんか、上手く理想が言えなかった。

言葉が止まり、抽象的な事ばかり答えていると、最終的に彼女が理想の芸能人を聞いてくれたので「井浦新」と答えた。なぜか泣きそうになってた。

これは、「具体的な目標を定める事で興味が持てない男性との無駄なやりとりを無くす」という目的がある非常に意義のある質問だと説明された。

彼女は優しくて、彼女自身も何か今日のことが想像と違うと感じてたらしく、でもすごく丁寧にいろいろと聞いてくれた。私には「自信を持って」「でも無理維持はしないし、そんなつもりでいってると思わないで」と何度が話してくれた。

でも私は泣きそうで、最後は一緒に、私がなぜ泣きそうなのかを考えてくれた。

私はきっと、こんなに婚活が上手くいっていない自分が「高い目標」を持っていることが恥ずかしかったんだ。「高望みしているから、結婚ができないんだ」と思われるのが嫌だったから、それが恥ずかしくて上手く話ができなかった。

 

 

きっと私は今「結婚」したい、という気持ちを手放したい。

それができたら、独り身であることを悲観しひどく落ち込むことも、別の過ごし方ができるのではと考えている。結婚できていないことは大きなコンプレックスだ。

 

そもそも恋愛が上手くいかない。

恋愛せず恋みたいな不安定な行為に心を崩すことなく、一緒になれる恋人が欲しい。

いろんな人が「まだ若い」「大丈夫だよ」と声をかけてくれても、今の私は結婚したことないし、どれだけ私が望んでもそこまで話を一緒に進めてくれる人は現れなかった。

お金を払い、よく見て欲しいと着飾った写真を準備して「よしっ」と意気込んだ私と出会ってくれる男性はみつからなった。お金を使っても結婚できなかった人間。

一緒に新しいお家を作ろうとしてくれる人が現れなかった人生が今の私の全部なんだ。

異性と一緒に過ごすことの大きな安心感を知らないわけではないから、諦めきれない。そして私は「甘える」ということが恋人にしかできない。

甘えなくても私は死なないが、それをしていい相手がいる生活や世の中は、今よりいきやすい。

 

 少し前に結婚した先輩に「どんな人が好き?」と聞かれ、「声が低い人」と答えるとニヤッとして「まだ恋愛する気でいるな?」と言われた。

その言葉はこないだの彼女との会話と真逆にある。

ずっしりと響き、 お腹に落ちた。

ショックではあったけど、納得もした。

好みではく、自分の居心地がいい人を選ぶべし。見つけるべし。そんな局面で「井浦新」が良いなんて口に出したら鼻で笑われる。誰に。

そして、その居心地の良い人は見つからないし、失恋したばかりの身体ではより一層のこと、意味がわからない。

 

帰りに彼女から恋人と二人でいる時間の楽しいことをたくさん話してもらい、それを話す嬉しそうな彼女が本当に可愛くてその空気でお別れができた楽しい夜だった。

 

彼女の年齢を初めて聞いたんだけど、私よりは若く、何かの違いに答えきれず「どうしてもちょっとおばちゃん目線で聞いてしまう」と言ってしまったあとに「こんなことになるなら年齢なんか言わなきゃよかったな」と言われてしまって、年齢に逃げた自分が恥ずかしかった。

 

夢みたい

今週のお題「卒業」

 

 

 

1週間前、電話で別れ話をした。

最後に会えたのは2週間前に、2時間。

隙間と隙間で振り絞って作ってくれた時間だろうけと、その隙間を作っている大きな場所に居たかった。一緒に帰りたかった。

別れ際、「そんな顔しないで」と言われた。自分の表情がどんなのかわからなかったから「わからないよ」と答えた。

 

電話で、あの時の顔を見て「こんな顔をされるなら、別れないと」と思ったと言われた。

今まで見たことない顔をしてた、と言われた。

そりゃそうだ、あんた私のことあんまり知らないじゃない。

 

 

 

 

初めてあったピザ屋さん。そのあと一緒にライブに行って、あんたは10年ぶりのライブだって嬉しそうだった。急に転勤が決まったけどそのままにするのは惜しくて頑張ろうって言って、

でもその後会うたびに私のことが小さくなっていっているのがわかった。

このまま小さくなっていくんだろうな、と思っておおきな声を出してみたり、私もあんたを小さくしてみたりした。

 

本当に小さくなってしまったんだと思う。だって今私は不思議と寂しくない。

大きかった気がしただけかもしれないし、本当は最初から小さかったのかもしれない。

でもちゃぶ台で朝から豚汁すすったり、料理好きならテーブルあった方がいいよって買ってくれたテーブルで鍋をつついて順番に好きな曲流しあったあの時は、ずっと前からの友達みたいだったし、家族みたいだった。

きっと、お互いにこの何年かしたかったことができた相手だった。夢みたいだった。

私が私で勝手にへばり付けていた幽霊みたいな恋愛を拭ってくれた。

 

 

 

彼と一緒に行ったライブに、それから年を越して前から忘れられない男が来ていた。

私はそんな気がしていたが、それでもそのライブに行きたいという彼の誘いにのった。

そのライブの前日は、本当は彼よりもその男がどんな女と来るかが気になって仕方なかった。

 

ぴかぴかに腫れた土曜日、ライブがはじまって数時間後、会場の外でその男と知らない女が揃えたような同じ色の服を着て、一緒に嬉しそうに並んでいるのが見えた。

彼の横で、笑いそうになって、必死でこらて、こちらもキラキラに並んでビールを飲んで過ごした。

あの日、確実に彼がひとつの呪いを解いてくれた。

そして、その呪いは彼に会えないとしても、もう私のものではない。

 

 

これだけ寂しくないのは、自分がどんどん鈍くなっているからだろうと思う。

それでも恋もすぎて執着だけになっていた恋から引っこぬいてくれて、

「本当はもう1週間前に別れようって言おうと思っていたけど、声を聞いていると辛くて無理だった」と言う程度には私を手放したくなかった彼に本当は感謝もしている。

そんなことは絶対言わないし、連絡先を消した今は言えない。

 

ばーか。後悔しやがれ。

楽しかった。夢みたいだった。

 

召し上がれ

 

この部屋はあんまり暑くもなく、寒くもない。

夏もあんなに毎日耳元で煩かった虫にも困らなかったし、

秋の鳴き声もまだ聞いていない。

 

このままでも楽しいけと、このままだと地べたについている部分から傷んで色が変わってしまうような気持ちになって慌ただしくいろんな人とご飯を食べ、お話をして、お酒を飲んだ。

ぼんやりしたまま目を合わせてみた人とは、なんかそのままぼんやりと会わなくなる。

またぐるぐると初めましてを繰り返しているうちに、来年の予定が入ってくる時期になってしまった。

繰り返したいわけじゃないのに。

ここぞと、すっと、向き合いたいのに。誰かあなたと。

でもあなたは誰なんだろうね。

好きなひとも好きだったひとになってここにはやってこない。

ずっとこのままこの部屋で暑くも寒くもないまま繰り返して腐っていくのかな。はみ出した床についたお尻の部分から。

 

そんなことで自分の墓穴を掘りかけてしまったら、またはスコップを手にする前に「明日晩ごはん一緒に食べようよ?」と友だちに連絡する。

そして、今夜くるひとの苦手なものを思い出しながらトントンカンカンご飯をつくる。

自分のために、自分が誰かとご飯を食べるためにちょっと気にしたご飯を作る。

その行動でだいぶと健やかに生活が作られている気がする。

聞いてもらって、聞いて、語って、調べて、探して、話をする。

 

夢はどこかに行ってしまった気がするけど、

生活がどんどん強くなってきた自分は好きだ。

このまま、この愛で転がって、いつかあなたと話がしたいです。

いつあなたがきても大丈夫なように、ご飯は炊いておきますね。

 

自転車を買った

 

色々なことを無理やり進め、まだ済んでないこともうっかりもあるけど

とりあえず新居に引っ越してきた。

初めての一人暮らし。

職場ちかく。

予想以上に都会。大阪の大阪に住み始めた。

 

築年数が私と同じくらい、住みやすいように丁寧にリノベーションされた綺麗な部屋だけど、お風呂場の形や部屋の中で段差が多いところで掘り出し物だった家賃の安さを実感する。

ここ数日必要なものを買って買い足して選ぶ、こだわる時間も持てなくて買い足してあたふたして時間と大量に追われていた。

今日朝綿棒を買えたことでなんとか気持ち落ち着いて過ごせるようになった。

 

部屋干しって想像より乾くんだなー、とか

ご飯は冷蔵庫に入れとくより冷凍した方がよかったなー、とか一日中ふむふむ納得している。知恵ってすごい。

これからやりくりしていかないといけないのだけれど、今日までは時間と気持ち優先で動いてみた。

明日から数字を引っ張り出してみて考えるふりを始めよう。

そして自分の生活に必要なお金をもいっかい考えて、いろんなことを決めていこう。

 

今日を節目にしていたのは、今日がお誕生日だったから。

近所になった友達からはおめでとう、引っ越し祝いかねてまた会おうね、って連絡もらって、新しい職場の人に自己申告したら「リアルバースデイですか?」てお水っぽい確認されておもしろくて、私がいなくなり予想以上に寂しいと父を困らせている母からは濃厚なメッセージがきて果報者。

 

好きな人に今夜おごってよと絡んだら「今度飲むときにはいっぱい奢るね」と流されて恋愛駆け引きみたいなのにはいくつになっても参加できないけれど、

仕事前に自分で買ってきたケーキは夏の果物いっぱいで生クリームもふわふわ美味しくて、空腹に食べたら胃もたれしてしまい誕生日と加齢をしっかり自覚できた1日でした。

 

仕事前も仕事後もいっぱい時間があるの楽しいな。

うきうきしすぎて使いこなせてない自覚があるけど、ずっとてくてく歩いてた大阪市内を自転車でぎゅーんと走ることが楽しくて楽しくてにやにや通勤しています。

 

私の一年に幸多かれ。

 

f:id:hellokiiro:20190724003338j:image

 

 

占いは嗜み

 

女の子なもんで、占いに行ってきた。

色々自分で決めたいくせに、グレーにしときたいことは人に見て何か言ってもらいたい。

 

生年月日から見るものと、霊視もしてくれる方でカードも使うから

ずっと何かを気にしてくるくる調べものをしてくださるからすごい楽しい。

その回転を見てるのもひとつのパフォーマンスで面白い。

2年前に一度見てもらっていて、それ以降占いの機会は逃していた。

 

前より今の方がいいし、今年来年楽しんでね!と言ってもらえてニヤニヤしてしまった。

 

言ってもらったことのメモ書き。

 

忙しい。忙しくなる。体調に気をつけろ。

新生活が始まったらしっかり食べる。肉、野菜、米なんでもいい。

ここで生活するぞ、根付くぞ、という行動になる。

新居に2月まで釘、画鋲打っちゃダメ。家を傷付けることが自分に返ってしまう。

価値観に変化。自分で自分を止めない。未来的な思考を大切に。

(特に仕事)

今好きな人は縁がある。でも付き合うとかではない。でも縁はあるしちらつく。

秋にどうにかなる。付き合うとかじゃなくて。

今の中で結婚相手はいない。

ひとは善意だけでないことを学ぶ時期。

人格ではなく何を持っているか、技術などで人と付き合うことを学べ、覚えろ。大人の女性への第一歩。

防犯気をつける。十分すぎるほど。

 

 

生活も仕事も楽しいし遊びたいけど数年ずっと恋愛だけ上手くいかない、と愚痴ったら

ふふふと笑いながら、後ろのひと(天使とか妖精って言ってくれてる)がなんて言ってるか正直にゆうと、選り好みしすぎ!出会いがあることに感謝して!ってゆうてるよーと言われてしまった。

しかし納得できないし、どんどん出会ってやるぞ。感謝しながら!

私が泣いたり怒ったり急に踊ったりお腹すいて我慢できなくなって急におにぎり食べても、平気で、それがいいからと笑ってくれるひとが私のことを好きになってくれて私も好きになれますように!

あとその人働いてて食べるのが好きなひとだったら嬉しいな!

 

 

つゆへ、次は夏

 

最近の生活は

①新居への引越し準備

②こそこそ出会い系

ポケモンレベル上げ

の3本立てで、これまたいちにちすぐ終わってしまう。

 

新しい生活の準備は今まで買ったことがないものをどどどんと決めて買わないといけないストレスがでかく、疲れてる。

好きな調理器具を合間に見ながら英気を養っている。

 

出会い系もアプリで複数名とやり取りしているが、なんというか今の季節は夏フェス=クリスマスのような状況で、一緒に夏フェスへ繰り出してくれる異性を探し求めてるメンズで溢れかえってる。

音楽趣味をわんさか提示しているため、夏フェス一緒に行けたらいいですねーと声をかけて貰えるが、隣でどんな体臭がして隣でどんな掛け声をするのかわからんちんなメンズと夏フェスに行く約束をするのであれば、ひとりでいいですしおすし…といいたくなる。

ひとり分のチケット買いつつ、気になる人にはちらちら見せながら会話してる私もわたしだ。

 

諸々の上手くいってるのかどうなのかわからないことの捌け口に、ポケモンを捕まえてレベル上げをちまちまやり続けてる。

 

さんねんまえ、誰かに振られて帰り道寂しくて始めたポケモンで誰かと仲良くなって、でも一緒にはなれなくて、

でも離れ難いからたまにポケモン一緒に捕まえようよ、てちまちまやってる。

結局ずっと喋ってばかりでポケモンやってなくて、居心地いいだけなんだよ。ずるい。

これがなくなるなら恋人なんていらないかも、と考えてしまうことが完全に片想いの形をしていて辛い。また夏の前になっちゃったし。

私がわたしの形をしていますように。

 

f:id:hellokiiro:20190626102946j:image

 

 

 

1年前の悩み、思い出せるか

 

最近忙しい。あっという間に一日が終わってる。

仕事の日は職場につくとやることやりたいこと湧いて降ってくることに追われて勤務時間が終わる。

1年前は仕事中やることが見つけきれなくて、ぐんぐん悩んで、仕事中に考えたことをメモしてそれが日記になってた。

 

1年前の悩みはもう思い出せなくて、

1年前にはなかった悩みをつんつんしながら、

1年前にはいなかった人のことを思い出してさみしーなーと、うだうだしてる。

自分の力で変えれることは割と変えたんだから、寂しいのもうまくいかないと思っていることも自分のせいにしていてはたまらないよ。

 

 

 

 

誰に会ってたころの自分に言いたいのかもわからないけど、もう変えれるところの果てをみたいからひとりで飛び出せる新しい部屋を探している。

もうすでに今が恋しい。

どんどん遠ざかって、偶然では会えない町に住む。一緒にいった場所しかなくて、どこでいても痛々しくて、ずっとずっとそうしたかったけど、そんな気持ちがあったことすっかり忘れてたころに叶いそう。

そうだ、私はあなたを忘れたかったことを思い出しました。

 

たまに書く日記は良い。

 

ほかに好きな人もできたし、そこからまたさよならもしたけど、あなたが触ってくれてたことで傷にならなくて済んだ場所もたくさんあった。

助かった。ありがとう。

先に結婚してたらズルイからしばく。